資金調達は相手の投資

資金調達は相手の投資です

資金調達は相手の投資と考える

起業する際に資金調達がもっとも重要となります。調達方法は銀行借入、株式発行により株主から調達するほか、預金等を切り崩すなど様々な方法があります。小規模な事業を起業する場合、銀行からの借入が主となることがあり、大手企業では上場により株式市場からの調達となるでしょう。どのような方法でも良いですが、投資という観点で資金調達を考えるのがもっとも良く、お金を出す相手は起業先の成長に投資をするのですから、起業後に事業が軌道に乗り、配当や金利を期待して投資するのです。

インフレ経済による金投資の魅力

現在、商取引では紙幣や通貨を利用しますが、紙幣や通貨は容易に増やすことができ、紙幣や通貨の価値を下げることになります。それによって、物価が上昇するインフレが起きます。しかし、金は人工的に作ることができず、発掘量も限られていることから、容易に増やすことができないので、価値が下がりにくいといえます。インフレ経済であれば、紙幣や通貨の価値が下がるので、価値の下がりにくい金の価格は上昇しやすくなり、投資家にとって魅力ある資産運用といえます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 金融業界の外資系について All rights reserved