金融外資系、英語必要

金融外資での英語の必要性

金融の仕事をする際必要な英語

外資系の金融の仕事をする際に必要な英語とはどのようなものでしょう。基本的には外資系の企業では英語が必要といわれています。利用するのは、ビジネスの言葉だけではありません。本社が海外にあるわけですから、日常会話もできる必要があります。金融で契約の窓口に立つのであれば、コミュニケーション能力や、日本とは違うやり方を理解できるだけの能力が必要になります。検定試験の点数などは参考にはなりますが、かなり高い点数を出していなければなりませんし、高い点数であっても専門用語は業界によって異なりますので、それらについては常に勉強していく必要があるでしょう。

外資系金融は実力主義

外資系金融は実力主義を取り入れているため、若い人でも相応の働きがあれば高収入を期待することができます。日本だと、いくら頑張っても少しばかりの寸志をもらうことはできても、給料の大幅アップを期待することができません。その分、将来的には大した働きをしなくても高い給料をもらえるというのが終身雇用制の特徴でもありますが、若いうちから稼ぎたいという方にはあまり向いているとは言えません。そこで、たくさん稼ぎたいという方には、外資系金融は人気の就職先です。ただし当然ですが、成果が見られないとすぐに辞めさせられてしまうのも現実です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 金融業界の外資系について All rights reserved