金融外資系の収入

実力主義の金融外資系

外資系の金融会社の収入実力主義

外資系の金融ぎしゃの収入は実力主義であるため、若いうちから大金を稼ぐことができる可能性を持つことができます。日本は、多少は営業成績などを評価されることは有っても、基本的に年功序列式であるため、その成果に見合った収入を得ることはできません。もちろん、長く勤めていれば将来的には成果を出さなくても年齢が高いというだけで高い給料が得られるので、その点はプラスかもしれませんが、今のうちから稼ぎたいという人には向いていません。その点、外資系金融は完全に実力に見合った給料をもらえるので、有能な人は稼ぐことができます。

外資系の金融機関就職メリット

外資系の金融機関に就職すると給料が高い、自慢できるなどのメリットがあります。日本の企業よりも給料が高額な場合があるので、継続的に勤務すればお金が溜まっていきます。また、就職先としては大変珍しいことから、周囲の人達へ自慢ができるのもメリットです。デメリットは仕事時間が長い、仕事が厳しいなどが挙げられます。外資系の金融機関は、忙しい時は朝から夜遅くまで仕事をする必要があります。ただ、平時は一般サラリーマンとほぼ同じくらいなので安心していいです。また、ノルマなどがあるので仕事が厳しいと感じるかもしれないです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 金融業界の外資系について All rights reserved